人生の転機を迎えたあなたに読んで欲しい!「チーズはどこに消えた?」あらすじとまとめ

パパくま
パパくま

みなさんこんにちわ!

今回は「チーズはどこに消えた?」という二人の小人と二匹のネズミの物語をご紹介します。

チーズはどこに消えた?

著者

様々な大学・研究機関の顧問を務める心理学者「スペンサージョンソン」

登場人物

  • 小人 :「ヘム」  と「ホー」
  • ネズミ:「スニッフ」と「スカリー」

物語のあらすじ

ある遠い国に、二人の小人と二匹のネズミが住んでいた。
彼らは、いつも迷路でチーズを探していた。食料にするためと、そして幸せになるために。

スニッフとスカリーは本能的にチーズを探し、ヘムとホーは頭を使って効率的にチーズを探した。チーズさえあれば、空腹が満たされ幸せになれると信じていたからだ。ネズミと小人は、何度行き止まりにぶつかっても諦めなかった。そしてついて「ステーションC」という部屋で大量のチーズを発見した。ホーは、幸せのあまりこんなことを壁に書いた。

”チーズを手に入れれば幸せになれる”

それからは、毎朝早く起きて急いでステーションCへ向かった。
ところがしばらくしてヘムとホーは、早起きをやめ歩いてステーションCへ向かうようになった。二人は、チーズがそこにあるのが当たり前だと思うようになり、この幸せは永遠に続くと思っていた。

二人と違ってスニッフとスカリーは、毎日の日課を変えず早起きをして急いでステーションC向かった。チーズが腐っていないか、残りの量がどれくらいあるのかを確認してから食事を楽しんだ。

しばらくそんな日々が続いたある日、スニッフとスカリーがステーションCに着くとチーズが無くなっていた。しかし、二匹は驚かなかった。毎日状況を把握し、チーズが減っていることを把握していたからだ。そしてすぐに次のチーズを探しにステーションCを出発した。

同じ日、ヘムとホーはいつものようにのんびり歩いてステーションCにやってきた。
すると二人は、チーズがないことに驚いた。二人は、毎日小さな変化が起きていることに気づいていなかった。今日もチーズが当たり前のようにあると思い込んでいた。

ヘムは、「チーズはどこえ消えた?」と大声で叫び。ホーは、何もできずただ立ちすくすことしかできなかった。二人は、その日何もできずにガッカリと家に帰った。そしてホーは、こんなことを壁に書いた。

”自分のチーズが大事であればあるほどそれにしがみつきたがる”

次の日、二人はまたチーズが戻っていること期待してステーションCへ向かった。でも昨日と何も変わってなかった。ヘムとホーは、いつまでたってもチーズが無くなった原因を議論するだけで前に進むことができなかった。

その頃スニッフとスカリーは、着々と迷路を進んでいた。何度行き止まりにぶつかっても、新しいチーズを見つけることだけを考えて迷路をひたすら突き進んでいた。


ホーは、このままではもっと事態は悪化すると分かっていた。そして新しいチーズを探しにステーションCを出ることを決意した。ヘムは、不安と恐怖でこのままここにいたいと言い話を聞いてくれなかった。結局ホーは、一人旅立つことにした。出発前にホーは、ヘムにこんな言葉を送り壁に書いた。

”変わらなければ破滅することになる”

迷路は、複雑で暗く怖かった。何度もヘムのいるところへ戻ろうかとも思った。でもホーは諦めなかった。チーズが再び現れるのを、ただじっと待つだけより行動しているほうがずっといい。ホーは、ヘムの為に迷路の壁にこれまで学んだことを忘れないように書くことにした。

”新しい方向へ進めば新しいチーズがみつかる”

見つかるかどうかは、わからなかった。でも、見つけたときの自分の姿を想像しているととても楽しく恐怖に打ち勝つことができた。迷路を進む中で、ステーションCでの失敗にも気づくことができた。ホーは壁にこう書いた。

”早い時期に小さな変化に気づけばやがて訪れる大きな変化にうまく適応できる”

そしてついに、新しいチーズステーションNを見つけた。これまで見たことのない種類のチーズが大量にあった。そしてそこには、スニッフとスカリーもいた。ホーと二匹のネズミは再会を喜んだ。

ホーは、ヘムを迎えに行こうかとも思ったが自分で気づいてここまで来てほしかった。そうしなければ、彼は何も変わらないからだ。

やがて、外の迷路から足音が聞こえ誰かが近づいてくるのがわかった。
ホーは祈りの言葉をつぶやいた。

”ついに旧友がやってきたのでありますように”

チーズや迷路それらが表す意味

  • チーズ:家族や仕事・お金などの欲しいもの。
  • 迷路 :家庭や会社などの場所。
  • 小人 :複雑で高度な感情。
  • ネズミ:単純で純粋な感情。

最後に

この物語は、結婚や就職・転職など新しいことに挑戦しようと思っているけど不安でいっぱい💦

そういう方にぜひ読んで欲しい1冊です👍

パパくま
パパくま

大きい問題ほど、この物語のスニッフとスカリーのように単純に考えすぐに行動することが大事です❣

家庭に置き換えると、日々の変化を常にチェックしておけば家庭が破滅に向かうことを避けることができるかもしれません。自分の行動が結婚当初と変わっていないか見つめるきっかけになります👰


仕事に置き換えると日々の残業や休日出勤が多いブラック企業。このままいけば自分の身体と心が破滅してしまう。わかっていてもほかの会社でうまくやれるか不安で転職できない。そんな方は、転職を今よりも積極的に考えられるようになります❣

人生の転機は何度も何度も訪れます。そのたびに不安におしつぶされそうになる方「チーズはどこに消えた」ぜひ読んでみてください✅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。